がん保険の必要性について学ぶ

がんは早期発見、早期治療さえすれば治る時代と言われていますが、今なお死亡の原因としてその他の死因の群を抜いて第一位となっています。

しかしがんという病気は、がんになったからと言ってすぐ死亡するというものではありませんので長期に渡ってがんと闘う人であったり、頻繁に入退院を繰り返す人であったり、がんが原因で高度障害状態になってしまった人など、多くの人の様々な症状があります。

日本には高額療養制度という、医療機関や薬局で支払った医療費が一定の自己負担額を超えるくらい高額になった場合に、越えた金額分が払い戻される制度があるため、がん保険に入る必要はないと考える人もいると思います。
しかし年収によって異なりますが毎月およそ8万円はかかると言われる自己負担額は家計に大きなダメージとなるはずです。

だから言って、がん保険に様々な特約を付けて手厚い保障を受けようとすると今度は支払う保険料が高くなります。
通院の度に給付される「通院給付金」や、在宅での療養にも給付される「在宅療養給付金」などの特約もありますが、つけないという選択肢もあります。

安心料として入った保険なのに保険料が負担になっては元も子もないので、家計から保険にかけられる金額を計算した上でがん保険に加入しましょう。